楽天ブックス

2005年06月23日

ブラジル戦感想

ブラジル戦感想

面白い試合でした。ボールもよく動き、展開も早く見ていて楽しかったですね。最後の場面の大黒の惜しいヘディングシュートがあり、残念!

ブラジルも前線は、メンバーをそろえて、まじめに戦ってきていました。日本がいい戦いをできたのは、ブラジルとフィジカル的に差はない、ということではないでしょうか。

身長差、体重差もなく、テクニックの差こそあれ、メキシコ戦みたいに高さに屈するということもなかった。1対1の局面では抜かれることはあったのだが、それはブラジル個人のレベルの高さということで致し方ないところでしょう。

問題なのは、ブラジルのディフェンス。日本に裏をとられることがしばしば。加地の幻のゴール、大黒の終了間際の惜しいヘディングなど、ディフェンスがちょっと甘いな〜。これでは、優勝は難しいのではないかな。

日本の失点は、1点目はカウンターを喰らい、ロナウジーニョに中盤で寄せに行ったのだが、軽くかわされ、ドリブルで持ち込まれたところを、ロビーニョにあわされ失点。2点目は、クロスから折り返され、ロナウジーニョをノーマークにし失点。いずれも早いボールまわしに翻弄されたものでした。2点目は、三都主が、ロナウジーニョのマークに行かず、ボーっとしてたのが問題。

得点は、加地の幻のゴールはよかったんだが・・・1点目は、これはもう見事は中村のミドルシュート。2点目も中村のフリーキックから大黒が詰めて得点。最後も大黒があわやというところで・・・

◎中村 ミドルシュート、フリーキック、絶妙なパスで得点を演出
◎大黒 常にゴールを狙う、抜群の位置取りとコースを狙うシュートで

○加地 幻の得点が・・・動きよく
○福西 中田が前に行くため、守備面で貢献。後ろからのシュートも
○川口 落ち着いたプレーで、ファインセーブもあった
△田中 ブラジルに翻弄されるも体をいれていた
△小笠原 前半飛ばしすぎてばてたか
×中田英 ボランチのプレーではないぞ
×宮本 相手につくも、クロスを入れられていたなぁ
×柳沢 存在感なく
×玉田 不用意なパス多く
××三都主 2点目の失点はアンタの責任

こんなところかな!!

よろしければ、クリックして下さい → 


posted by 青い翼 at 19:08| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(15) | W杯日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3キャッシュフロー

四季報の中では、営業CF、投資CF、財務CFというのがあります。

基本的には、営業CFはプラス、投資と財務はマイナスというのが普通です。

営業CFは、とにかく+であることが求められます。ちゃんと、儲けが出ているかどうかを示すからです。これが、マイナスではまずいでしょう。ただ、再建中とか、黒字転換途上とかで、このマイナスがだんだん縮小されているならば一考の余地はありますね。

次に投資CFですが、これは読んでのとおり投資のためのお金です。通常マイナスです。

で、営業CF+投資CF=プラスであることが必要条件です。投資をしすぎてマイナスになってしまうことは、よろしくありません。営業CF+投資CFの残った金を借金返済や株式配当にまわすのです。

財務CFは、資金調達などの現金の使い方を現したものです。

基本的にこういったところでしょうか。これらに該当してなくても、ついつい買ってしまうことはあります(笑)

よっしゃー♪


よろしければ、クリックして下さい → 


posted by 青い翼 at 18:36| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 株の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。