楽天ブックス

2005年08月08日

東アジア選手権 韓国戦感想

日本と韓国、どっちも動き悪かったな〜! 韓国はボールを支配し、攻撃しつづけるものの、とても点が入りそうもなかったし、日本も緩慢な動きが目立ち、決定機をまったくつくれずじまい。
ふらふら

日本が勝ったのは、たまたまだとしか言えないでしょう!

韓国のボンフレール監督は解任かもしれないですね。得点力不足が露呈してしまいましたね。この大会、フリーキックからの1点だけでは・・・李東国のシュートは、どこに蹴っても入りそうもなく、中盤からの決定的なパスもなく、ただ遠目からの精度のないミドルシュートとロングボールのみ。

これでは、絶対に世界大会では無理ですね!!!
朴智星と李栄杓が入っても、解決できないでしょう。

つづいて日本ですが、こちらも中盤がまったく機能せず、得点も、これしかないセットプレーからの得点。韓国もついてないですね。ボランチの今野が献身的な守備で目立ってたくらいで、阿部も攻撃の基点としては今ひとつだし、本山のドリブル突破もサポートがなくては・・・・雷

交代で入った小笠原は簡単にボールを奪われ、危険な場面を招いていたし、茂庭も失点しなかったからよかったものの軽率なプレーが多い。ただ、茂庭・中澤が並べば、高さに対する不安を多少回避できるみたい。

村井も可もなく不可もなくといった感じで・・・駒野は加地とは、また違ったサイドプレーヤーですね!!!これを見出せたのは良かった。次項有

ともあれ、韓国に勝ってよかったねわーい(嬉しい顔)
選手の選択肢も増えたしね。

イラン戦にどの選手を使うのか楽しみですね。サッカー




posted by 青い翼 at 09:20| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(6) | W杯日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。